2020年10月12日 (月)

熊本城特別公開第2弾

熊本城長塀は、熊本城行幸坂方向に向かって、坪井川沿いにありますが、現在は工事用足場で覆われているので長塀を見ることができません。その足場の前は、芝生で覆われています。法面なので土の流失を防ぐために低草類が植えてありますが、傾斜がきついので、亀裂が入っています。大雨が降ると亀裂は大きくなりますが、止むを得ませんね。この眩いばかりの緑を見ながら、熊本城特別公開第2弾見学入口に向かいました。
Dsc05473
熊本城特別公開第2弾の特別見学通路入口は、第1弾の二の丸広場側ではなく、法華坂と行幸坂の合流付近に設けられています。チケットは、城彩苑で購入します。
Imgp1722
特別見学通路は周囲が見渡せる長さ350mの快適な通路です。
Imgp1723
一番の絶景スポットと言われている場所から撮影しました。大天守、本丸御殿、二様の石垣が1枚の写真に納まります。手前の二様の石垣は、向かって右手、隅部の勾配が穏やかな石垣が加藤清正時代のものと考えられ、左手は細川時代になって積まれた算木積といわれています。
Imgp1728
本丸御殿の石垣に、排水口がありました。石積みの積み方も重要ですが、排水がちゃんとしてないと、土が水を含んで石垣が崩れてしまいます。
Imgp1726
下の写真は熊本城の枡形が崩れたところですが、石垣の一番下には石造りの排水溝が、そして左手には道を横切る排水溝を見ることができます。もともと黒ボク土で透水性はいいと思いますが、排水のための水のコントロールはちゃんとしています。
1_20201012004901
天守閣は大天守と小天守がありますが、小天守は現在、復旧工事中です。
5_20201012005001
下の写真は、熊本城飯田丸があったところです。
Imgp1748
見学通路に、熊本城飯田丸五階櫓の「奇跡の一本石垣」の説明看板がありました。
Photo_20201012005101
10月5日のTV番組で、飯田丸五階櫓を撤去した後、400年前の古い石垣が見つかったことをやっていました。しかし、現場は復旧工事中で近づくことができませんでした。
Dsc05484
土の流出や泥濘でお悩みの方は下記までご一報ください。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 
電話 広島082-299-2681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

2020年10月 6日 (火)

雨上がりの太宰府天満宮

西鉄太宰府駅を降りると、すぐに参道が待っているといった具合に、太宰府天満宮の存在感があります。この日は雨上がりの天満宮でした。大抵の人は、あとばねが嫌で雨降りの日や雨降り後は歩くのを避けると思いますが、商売柄、私は雨の中や雨降り後を歩くが大好きです。
しかし、参道は石畳なので泥濘がありません。
参道の入口には鳥居があり、名物の梅ケ枝餅の看板も見えます。
1_20201006002001
2_20201006002001
そして、進むと左手にユニークな造形を配したスターバックスもあります。富山にある世界一美しいスターバックス(是非調べてみてください。)も好きですが、参道に面したこのコーヒーショップも、太宰府天満宮に馴染んでいて、カッコいいです。
3_20201006002101
それでは、一の鳥居を抜けて境内に入ってみます。
4_20201006002101
おなじみの太鼓橋を渡り、本殿に進んで行きます。
5_20201006002201
太宰府天満宮の楼門が奥に見えます。石畳が続くので雨の中の参拝も楽です。参拝者が泥濘で服が汚れないように配慮がされています。
6_20201006002301
下の写真は、太鼓橋の上から心字池沿いを見たところです。水溜まりがあるので、雨降り後というのがよくわかります。歴史のある神社なので、参道以外は「土」です。
7_20201006002301
社務所の前は自然にある真砂土の広場です。排水性はいいのですが、雨上がり後なので、水溜まりや水ミチを見ることができます。
8_20201006002401
本殿につながる道はさきほどの石畳が続きます。よって、ぬかるみはありませんが、石畳の道の左右は「土」です。よって、ところどころに水溜まりがあります。
9_20201006002501
もちろん、太宰府天満宮へ来たら合格祈願のお守りを購入することになりますので、「土」の上を、売り場に移動します。降雨後なので少し大変ですが、この場所には、ちゃんと雨水枡が3か所見えます。雨水はその場所へ向かって流れています。
10_20201006002601
手前側にも雨水枡が2か所見えます。よって、もう少し時間が経過すると、水溜まりや水ミチは消えてなくなり、快適な土の境内になります。
実は私が楽しみにしていたのは、この「土」に出会うことでした。
11_20201006002601
そして、梅ケ枝餅でお腹を満たしました。

土の流出でお悩みの方はご一報ください。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
電話 広島082-299-2681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

2020年9月 2日 (水)

道路の維持管理に-防草テープ

舗装と縁石等の構造物の隙間に発生する雑草を防ぐテープ状の雑草抑止材をご存じでしょうか?国土交通省 新技術情報提供システム NETISに登録(KT-050035)されておりましたが、現在は掲載期間終了となりました。
この防草テープが、仕様はそのままで長さが22mになり、お買い求めやすいお値段で、新登場しました。防草テープ1巻は、70mm×22m×0.5mmです。プライマーも従来のままで販売しております。在庫数が限られておりますので、多くの量を必要とされる場合、お早目のご連絡をお願いします。見積もりをさせていただきます。
■防草テープのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページよりお問い合わせください。 
1_20200902182201 2_20200902182301

2020年7月19日 (日)

熊本城と地質

日本の城ランキングで常に上位にある熊本城ですが、2016年4月の熊本地震で大きな被害を受けた後、特別公開第2弾が2020年6月1日から始まっています。
https://castle.kumamoto-guide.jp/grand-unveiling/

第1弾の公開は、地震から3年半ぶりの2019年10月5日からのスタートでした。
ここに載せてあります写真は、今年の2020年2月に撮影したもので、第1弾の二の丸から入る見学ルートの写真になります。よって、新型コロナ感染の終息後に、特別公開第2弾の見学に行きたいと思っています。
特に、特別公開第2弾のルートでは、20年かかると言われている修復工事の途中を見ることができるので楽しみにしています。
熊本城は、通称京町台地先端の茶臼山という阿蘇火山の火砕流堆積物と火山灰が堆積した台地に立つ平山城です。つまり、地盤の強度が弱いところに築城されたお城です。地質は、約15万年前~約1万8000年前に爆発した阿蘇火山の火山活動によるものとされています。火山灰層の上部は腐食の集積した黒土層で、黒ボク土と呼ばれています。
そういうこともあって、昭和35年に再建された鉄筋コンクリート造りの大小の天守には、地下47mの深礎杭が打ち込まれているので、2016年4月の熊本地震での倒壊を免れたと言われています。木造の宇土櫓も耐震補強がされていたので、倒壊することはありませんでした。
石垣の大半は輝石安山岩で、近くにある金峰山から産出され運ばれてきたものと言われています。
大量の石を必要としていたので、他にも近隣の山からも運んできていたようです。崩れた石垣は元通りに積み上げる必要があるので、ナンバーを記入して修復まで保存されています。
今回の復旧工事では、石垣の積み直し工事に、震度7でも崩れない新補強材といわれるものが採用されています。石垣の裏込めの部分に、盛土と同じように段切りに栗石を敷き、ステンレス鋼と樹脂製の材料を組み合わせた「グリグリッド」で固定し、栗石の崩落を防ぐ手法がとられています。石垣の内部に栗石を敷き詰めるのは排水をよくするためですが、ステンレスの鋼を使用したグリグリッドは、地震が起きた時、石垣を内側から圧迫して崩落するのを防ぐ効果があります。
熊本城は文化財ですから昔ながらの伝統的工法で復元する必要がありますが、降雨によって緩んだ地盤に雨水が入ると石垣の崩落の危険が高まるので、今回の復元では、この工法が新たに採用されたようです。
石垣の復元工事中の風景も、第2弾の見学ルートから見ることができます。
石垣といえば、加藤清正が築いた熊本城の武者返しの石垣は有名ですが、1632年に細川忠利が肥後54万石の領主となって築いた急勾配の算木造りの石垣も防御を強固にする石垣として、この2つが比較されているので面白いです。
加藤清正が築いた石垣は、強度が弱い地盤ということを理解して崩れないゆるやかな石垣が築かれたと云われていますが、石垣の工法には変遷がありますので、違いを調べていく楽しみがあります。
また、瓦についても、鉄筋コンクリート造りの大天守、小天守は瓦が崩れて落ちているのに対して、木造の宇土櫓の瓦はなぜか崩落していません。これは瓦を設置する時の土葺きや漆喰の扱いの差なのでしょうか?それとも揺れを吸収する先人の知恵があったのでしょうか・・・。我が家の実家の瓦も土葺きで設置してあり、漆喰でズレるのを止めてありますが、それでも土が乾燥すると収縮するので、雨といに破片の土が流れて詰まったり、瓦がズレて困ることがあります。地震の時、建物を守るために、瓦が先に落下するように造られたという先人の知恵だという話も聞きますが、瓦と土の重さで、建物の方が先につぶれて下敷きになってしまうような気がします。こちらも真相を調べてみると、面白いと思います。
また、熊本城は、大阪城の巨石と比べて、比較的小さな石が使われていますが、運ぶのが大変だからか、工法の違いなのか、そんな大きな石なんか採れなかったのか・・・。興味は尽きませんね。
それから熊本市は、水道水源の100%を地下水で賄っているそうです。つまり、阿蘇火山の火山灰の堆積層からの水が恵の水になっているわけですね。熊本城には120もの井戸があったそうです。籠城しても水不足にはならないようにという考えがあったようですが、地質に恵まれていたといえるかもしれませんね。
下の写真は、坪井川から行幸坂を渡る時、最初に目にする馬具櫓台石垣の崩落の現場です。
1_20200719170101

下の写真は城彩苑を取り囲む塀です。瓦から落下する水滴は、真下の砂利に落ち、排水溝へ流れる仕組みになっています。時々、土系舗装の現場で、砂利や単粒砕石が設置して場面に出くわすことがあります。土系舗装に直接雨だれが落下すると、表層に穴が開いたり、崩れたり、水があふれたりするので、水滴が落下する場所には、砂利や単粒砕石を敷き詰めて、排水のことを考えた設計をお願いしたいと思います。施工した翌日に雨が降ると、確実に土舗装には穴が開きます。
2_20200719170201

長い法華坂を上ると、右手に未申櫓が見えます。周りの石垣は崩れたままです。
3_202007191<br><br><br><br><br>
70301 4_20200719170401

二の丸広場から西大手櫓門に向かうと、左手に空堀が見えます。熊本城がある場所は、地質が火山灰の堆積層なので、簡単に人力でも掘ることができたと言われています。加藤清正にとって、この地質はラッキーだったと思います。
5_20200719170501

やがて、国定重要文化財に指定されている木造の宇土櫓が左手に見えてきます。瓦の崩落はありませんが、宇土櫓と結合されていた続櫓は倒壊しています。
6_20200719170501

さらに進むと、大小2つの天守が見えてきます。小天守の方は足場がかけられ、復旧工事の途中です。石垣の被災は小天守の方が大きかったようです。石垣の沈下で部分崩落がありました。
7_20200719170601 8_20200719170601

見学ルートをさらに進むと、天守前広場に出ます。そこには足場が外され、瓦が拭き替えられたまばゆいばかりの大天守を見ることができます。
9_20200719170701

再び二の丸公園に戻り、天守の方向を見ると、右側から大天守、宇土櫓、小天守を見ることができます。
10_20200719170801

行幸坂放免に進むと、戌亥櫓台石垣の隅石部を残して中央部分が崩壊している悲惨な姿を右手に見ることができます。2003年に復元されたものです。
11_20200719170901 12

行幸坂から熊本城北大手御門跡抜けると、加藤神社があります。
13

加藤神社から眺める大天守、小天守になります。ここからの景色もインスタ映えする絶好の場所ですね。
14

実は一番ここで書きたかったのは、城内に巡っている坂道と排水施設です。当時はセメントがない時代なので、土と石で工夫するしかありませんでした。まさに石垣や建物同様に先人の知恵が隠されているからです。
また機会があれば書いてみたいと思っています。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
電話 広島082-299-2681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

 

 

2020年6月13日 (土)

鳥取城跡と土系舗装

日本百名城の1つ鳥取城は、豊臣秀吉の兵糧攻めで有名ですが、市内の久松山に天守跡や二ノ丸跡などが残っており、山頂だけでなく、麓にも石垣が広がる梯郭式の城郭です。
お堀から見上げたら、お城ファンでなくても、そのスケール感と充実ぶりに鳥取城跡の魅力にハマってしまうに違いありません。
1_20200613224601

2_20200613224701

実は、鳥取市では、2006年~2035年の30年間に渡る鳥取城跡復元が計画されており、その1段として、2023年の完成を目指して、「鳥取城跡大手登城路復元整備工事」が行われています。
3_20200613224801

この第1段の整備工事は、城の正面玄関であった擬宝珠橋から太鼓御門までの大手登城路の復元工事になりますが、擬宝珠橋や山の手通り(お掘端通り)などはすでに完成し、2018年10月8日(月)に、擬宝珠橋復元完成記念式典が行われました。

これらの整備により、鳥取城跡は、さらに鳥取市を代表とする観光名所になっていくと思います。
4_20200613224901 5_20200613225001

さて、この復元予定の太鼓御門ですが、下の石垣を左に曲がったところに復元されます。この写真の石垣は、太鼓御門の石垣と思っていましたが、場所的に下乗場の石垣かもしれません。
6_20200613225001

特に、この石垣の下の排水溝は立派で、しっかりした石造りで出来ています。

完成パースには、この排水溝がないので、暗渠になってしまうのかもしれませんが、貴重な遺跡なので残してもらえるとありがたいです。
7_20200613225101

やはり、鳥取城跡というと、二の丸石垣から飛び出したように見える天珠丸と呼ばれている石垣です。山下ノ丸の最高所(標高51m)に位置し、軍事的に最も重要な場所で、時代とともに変遷し、現在の姿になったのは、元和3年(1617年)以降のようです。江戸時代中頃~幕末と言われています。
8_20200613225201

この天球丸を見上げる三の丸跡に展望台があり、下のように土舗装がされています。
9 10

鳥取城跡・久松公園には、白亜の洋館「仁風閣」が建てられています。

国の重要文化財にも指定されているこの建物は、池田仲博侯爵で、鳥取池田家の第14代当主、徳川慶喜の五男が建てたものらしいです。
11

■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
電話 広島082-299-2681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

 

2020年4月18日 (土)

延岡城跡と表層の流失防止

延岡駅を降り立つと、まずびっくりさせられるのが、JR日豊本線延岡駅の駅舎です。
駅舎というより図書館&カフェといった方が似合う、おしゃれな複合施設になっています。蔦屋書店と提携されているので、駅というイメージが全くありません。
駅前も再開発で現在も変化しつつあります。
1_20200418011301
実は今回の目的地は、「千人殺し」と呼ばれている石垣のある延岡城跡です。
2_20200418011301
石垣の上から見下ろすと、こんな風に見えます。ある石をはずすと一気に石垣が全壊し、一度に千人の敵を倒すことができると言われているのが、よくわかりますね。3_20200418011401
この足元にあるのが城山公園の二ノ丸広場です。桜の名所であり、多くのイベントが開催される憩いの場所です。でも、今年はコロナ感染を避けるように緊急事態宣言が出されているので、お花見や多くのイベントが中止になり、残念なことになっています。
この広場をよく見ると、ところどころ表土が流失していて、木の根が剥き出しになっているところがあります。
4_20200418011501
5_20200418011501
実は、そんな土壌を改良して、土の流失を食い止め、泥濘化を防ぐのが酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」です。ジオベストは、国が定める土壌汚染基準34品目の溶出試験をすべてクリアーしている環境にやさしい固化材です。よって、今回、そのジオベストを使用して広場の土壌改良を行いました。
6_20200418011601
下の写真は、北大手門から見た「千人殺しの石垣」です。門の奥には石垣と一緒に桜の木も見えており、桜の季節にもう一度この場所に来たいですね。
7
下の写真は、山頂にある城山の鐘です。毎日、延岡市民の皆さんに時を知らせてくれています。
8
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
電話 広島082-299-2681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

2019年9月 5日 (木)

土舗装用固化材 ジオベスト

真砂土舗装や現地の土を使用した土舗装をする場合、さて何を使用したらいいか迷いますね。「セメント系」「石灰系」「樹脂系」「酸化マグネシウム系」・・・いろんな材料を使用した固化材が浮かんできますが、土壌汚染が発生しない安全なものをというのが一番最初に思い付くことではありませんか?
ジオベストは酸化マグネシウム系の土舗装用固化材になります。
その特徴は、下の「ジオベストが選ばれる8つの理由」をご覧ください。
・pH値が自然の土に近い9前後であり、弱アルカリ性であること。
・土壌汚染対策法施行規則に定める特定有害物質35種類の溶出試験において、すべての土壌溶出基準を満足させていること。
・人体、小動物、昆虫、植物への悪影響がないこと。
・乾燥収縮による「ヒビ割れ」が起きにくく、目地を入れる必要がないこと。
・pH値が建設廃材の溶出基準以下なので、産業廃棄物にならないこと。
・土は現地調達するので運搬費が抑えられ、コストパフォーマンスが高いこと。
・用途に応じて、固化材の配合を変えて使用できること。
・国内のさまざまな土壌がジオベストを混ぜて舗装材として使用できること。
もちろん、ヒメダカ急性毒性試験を行ない、水の中でも汚染に敏感なヒメダカも生きていることを証明しています。
1_20190905021001
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
【電話】 広島082-299-2681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419
3_20190905021201

2019年7月22日 (月)

防草材ジオベスト

雑草を抑制するには、さまざまな方法や材料がありますが、防草材を使用する場合、まずは安全な材料であるかを確認することが大切です。

混合する真砂土は、花崗岩が風化したものなので自然のものですが、ではどんな材料を混合して雑草を抑制することを可能にしているかをきちんと書いてないものが多くあります。自然のものって表現がよく使われていますが、それがいったい何なのかを明確にしてもらわないと不安ですね。

よって、どういう材料で、どのような仕組みで防草がされるのか、また、水質汚染の1つである強アルカリ水の排水も問題になっていますので、土壌汚染だけでなく、さまざまな面からの環境への配慮がされているかなどを確認することも必要です。

ジオベストには除草剤に使用されている材料や重金属類などの有害なものは含まれておりません。
ジオベストによる防草は、セメントを使用しないで、自然に存在する酸化マグネシウムを主成分として、雑草を抑制しているところに特徴があります。そのことがジオベストが地球にやさしい防草材・舗装材といわれている由縁です。
1_20190722162401

ヒメダカ急性毒性試験

水質汚濁防止法においてpH値の高低は規制対象になっています。
よく高pH値の排水を流失させて魚の大量死が起きたという記事を見かけることがあります。

よって、ジオベストの安全性を立証するためにメダカを水質悪化の実験に用います。
ヒメダカは観賞魚で、クロメダカに比べて環境に弱く飼育が難しい魚ですが、ジオベストで固めた土舗装の中で生息させても、ヒメダカの生存率は100%でした。
(一般財団法人化学物質評価研究機構:試験番号95185)
V06

■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/ 電話 広島082-299-2681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

3_20190723185301

 

2019年6月14日 (金)

歴史的遺産とジオベスト

歴史的に残すべき遺産の保存は、特に「世界遺産」に代表されるものから、日本独自に文化的価値を保存していく「日本遺産」などがあります。
その多くの場所で酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」が使用されています。
また、古民家や寺社などの舗装をアスファルトやコンクリートにすると雰囲気が壊れるので、どうしても景観舗装の観点から土舗装にしたいと要望される場合もあります。
ジオベストの土舗装は土らしくない土舗装が多くある中で、環境にやさしい土に近い特性を持つ土舗装といえます。
また土舗装を長く良好な状態に保つためには、景観だけでなく、土舗装の特徴を理解して、排水や雨水の流入、土舗装の構造面に注意することや、急勾配、凍害への適切な対処など、配慮すべきことが多くあります。
今後とも歴史的な景観を創り出すだけでなく、快適で憩いの空間になるよう心がけていきたいと思っています。
1_2 2_1

◆ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 ホームページもしくは、ジオベスト事例
広島(082)299-0681 神戸(078)843-2561名古屋(052)766-6419 福岡(092)518-3537まで。

 

2019年4月 4日 (木)

尼崎城一般公開に行ってきました

3月29日・30日・31日が一般公開記念イベントでした。
待ちに待った一般公開でしたので2日続けて行ってしまいました。
尼崎城は1873年に廃城が決まり、取り崩されてからはその存在が忘れ去られていましたが、146年の歳月を経て、ミドリ電化(現エディオン)の創業者、安保詮(あぼあきら)氏の寄付で復元がスタートし、さらに多くの尼崎城一口城主の皆さん寄付で阪神尼崎駅前に再建されたものです。
1

お城に入って天守閣に上がるには、1時間待ちでした。
天守閣からイベント広場を撮影すると、下の写真のような景色になります。
ジオベストを使用した土舗装も見えます。
ジオベストの土舗装は自然土に近い特性を持った土舗装なので、舗装されているところとそうでないところの区別がつきませんが、雨が降っても泥濘化してないところがジオベストの土舗装になります。
2

尼崎城内の展示は、VRで再現された尼崎城ゾーン、鉄砲や剣術体験、なりきり体験、当時の尼崎の景色が見られるなど、楽しいコーナーが用意されています。
桜の開花はすでに始まっていましたが、三分咲きといった感じで、満開まではもう少しでした。
3

公園内には桜も多く植えてあり、大きく育つと必ず桜の名所になるに違いありません。
4

図書館横の庄下川口から上がると、石垣と白塀の向こうに尼崎城が見えてきます。
5

階段を登った上からは、目の前に尼崎城が迫ってきます。
6

3_1

■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 ホームページ

広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

 

 

«伊勢神宮と参詣道