« 不破関北限土塁跡 | トップページ | 九州地区のジオベスト等の問合せ先 »

2016年5月22日 (日)

長浜城と太閤井戸と土舗装

長浜城は、秀吉がはじめて築城したお城ですが、秀吉と同じ視線で琵琶湖を見てみたい、石田三成と秀吉が会った観音寺とはどんなところだろうと興味を抱きつつ長浜を訪ねてきました。長浜城は大坂の陣のあと取り崩され、現在の城は1983年に復元されたもので、歴史博物館となっています。

Photo

よって、長浜城の痕跡はというと、僅かな石垣と太閤井戸が残るのみとなっていますが、この太閤井戸の100m沖合では1819年に発生した文政近江地震で水没したものとみられる建物跡の水中遺構が見つかっており、今後とも興味が尽きない長浜城周辺となっております。下の写真は、太閤井戸の石碑であり、水中に建っておりますが、実際の井戸はもっと沖合にあったそうです。ということはお城の敷地は琵琶湖内に張り出していたことになります。

1

豊公園は長浜城を中心に整備され、緑豊かな公園で市民の憩いの場となっております。園内を散策すると、園路はアスファルトかコンクリート舗装が中心で一部は真砂土のままで、土舗装はありませんでした。でも、土舗装がされてなくても風情のあるいい公園です。

この園路には両サイドにきっちりと側溝が整備してあり、水ハケはいいので、歩くのにいい状態が保てる道になっています。

1_2

1_3

■ジオベストのお問合せは

ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537

« 不破関北限土塁跡 | トップページ | 九州地区のジオベスト等の問合せ先 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長浜城と太閤井戸と土舗装:

« 不破関北限土塁跡 | トップページ | 九州地区のジオベスト等の問合せ先 »