« ジオベストによる改良土の強度変化 | トップページ | 大谷吉継の墓と土砂流出 »

2017年5月 7日 (日)

福山城の遺跡の保存

福山城は新幹線駅から目の前にあり、誰もがカメラを向けたくなる位置にあります。実は、福山駅はお城の中を横切って建設されています。もう10年ぐらい前になるかと思いますが、福山駅南口前から福山城の城壁が見つかり、公園として残そうという話がありました。当時の土木技術を考える上で大変重要と言われていたものの結局、地中に埋め戻されました。下の写真はその時のものです。

D1000010

D1000011

そして、福山城は、緑豊かで癒される空間が多いことです。天守閣前も舗装されてない天然の土のままです。

【再建天守】

02

【本丸御殿表向跡】

Photo

【城内の緑】

Dscf5851

Dscf5852

Dscf5843

しかし、坂道は土の流失を防ぐために、舗装もされています。コンクリート舗装か?、アスファルトの自然色舗装?・・・もしくは土舗装かもしれません。

Dscf5844

福山城の城跡は国の史跡に指定されており、城内には筋鉄御門、伏見櫓など重要文化財があります。

【筋鉄御門(重要文化財)】

Img015

Photo_2

Photo_3

【伏見櫓(重要文化財)】

Photo_4

【鏡櫓(文書館)

Photo_5

近世城郭円熟期の代表的な遺構である福山城を見たあとは、隣の広島県立歴史博物館にも足を伸ばすといいと思います。

■遺跡保存・修復に土舗装固化材「ジオベスト」。お問い合わせは

ジオサプライ合同会社

http://geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561  名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537までお気軽にどうぞ。

« ジオベストによる改良土の強度変化 | トップページ | 大谷吉継の墓と土砂流出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542139/70493067

この記事へのトラックバック一覧です: 福山城の遺跡の保存:

« ジオベストによる改良土の強度変化 | トップページ | 大谷吉継の墓と土砂流出 »