« 安満宮山古墳と墓坑 | トップページ | 大阪城と土舗装 »

2017年9月30日 (土)

毛利家の家紋を高槻市で発見!

実は、毛利家の家紋を高槻市立しろあと歴史館で見つけました。

Photo

えっ、なぜ?と思って調べてみたら、高槻城の城主、永井家の家紋「一文字三つ星」と同じだったのです。

毛利家の祖は、鎌倉幕府草創の功臣大江広元の四男季光ですが、次男に広時がいて、永井家の祖であり、季光とは兄弟だったわけです。それで、高槻市のしろあと歴史館で「一文字三つ星」を見つけても不思議ではありません。

ちなみに、 大江広元には数人の男子がいて、嫡男の親広は寒河江氏の祖に、三男宗元は那波氏の祖になっています。

高槻市立しろあと歴史館は、高槻城三の丸跡に建つ歴史博物館です。

戦国時代以降の文化財を中心に10万点以上の資料を収蔵していて、企画展も多く行なわれています。

 

そのあと、史跡嶋上郡衙跡に行ってきました。

2

広大な敷地だったことにびっくりしますが、高槻市は、古代の摂津国嶋上郡にあたり、嶋上郡衛と呼ばれていたそうです。郡衛は儀式を行なう庁院や、戸籍や税などの事務をとる館舎、税として集めた稲束を納める正倉などが設けられていたそうです。現在は仮設広場ですが、将来は史跡公園として保存されていくようです。

ジオベストは、こうした歴史の現場の保存や、復元に使われる土舗装固化材です。

興味のある方は、下記までどうぞ。

■ジオベストのお問合せは

ジオサプライ合同会社 http://geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561  名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537までお気軽にどうぞ。

« 安満宮山古墳と墓坑 | トップページ | 大阪城と土舗装 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542139/71845669

この記事へのトラックバック一覧です: 毛利家の家紋を高槻市で発見!:

« 安満宮山古墳と墓坑 | トップページ | 大阪城と土舗装 »