« 大阪城と土舗装 | トップページ

2017年12月 3日 (日)

倚松庵と住吉川沿いの土舗装

阪神魚崎駅から歩いて56分のところに、谷崎潤一郎の旧邸「倚松庵」があります。

「細雪」の執筆を開始した頃、住んでいた家です。谷崎潤一郎は、40回位引越しをしており、ここには昭和1111月から昭和1811月まで住んでいました。この「倚松庵」の松は松子夫人のことです。また、この場所は住吉川の側であり、松が多く植えられており、このことから松の字を用いたとも言われています。

1

2

谷崎潤一郎は、ここへの入居の翌年に敷地内に書斎を増築しました。写真の左側の部分です。このことが家主とのいざこざとなり、谷崎潤一郎が詫び状を書くことになってしまいます。この詫び状も「倚松庵」に、展示してあります。

3

2階の執筆に使用されたと思われる机です。

4

1階の応接間と食堂の写真です。ここには谷崎潤一郎の写真や細雪のモデルになった4姉妹の写真が飾ってあります。

5

懐かしい五右衛門風呂もありました。

6

さて、住吉川沿いの松ですが、「倚松庵」の道を挟んで向い側の川の側に植えられています。「倚松庵」の松は松子夫人のこと以外に、松が多かったので、その名が使われたとも言われています。六甲ライナーの下になります。

7_2

8

松が植えられているところは土ですが、土舗装がされています。松の下部は掘ってありますが、水を溜めるためか、肥料を施すためか・・・理由はわかりません。この近くには酒蔵が多く、新酒を根元にふるまうため・・・?ってことはないですよね。

9

10

Cm_2

◆ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島(082299-0681  神戸(078843-2561  名古屋(052766-6419 福岡(092518-3537まで。

« 大阪城と土舗装 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542139/72364638

この記事へのトラックバック一覧です: 倚松庵と住吉川沿いの土舗装:

« 大阪城と土舗装 | トップページ