« 首里城復元工事 | トップページ | 名古屋城天守閣入場禁止と土舗装 »

2018年4月15日 (日)

斎場御嶽と参道

世界文化遺産「斎場御嶽」は、古来より男子禁制の祈りが捧げられてきた神聖な聖地です。

今回はその祈りの場である「斎場御嶽」の参道や排水溝を見てきました。

まず、「斎場御嶽」に入場するには、「緑の館」でマナービデオを視聴してからになります。「斎場御嶽」が神聖な場所であり、今も祈りを捧げられている多くの人々がおられることを知って、敬う心構えで見学することを教えていただきます。

2

御門口(ウジョウグチ)は、「斎場御嶽」の入口で、神社でいえば拝殿にあたる所です。坂道になっており、琉球石灰岩の石畳なので、滑り易く、滑り止めのシートが敷かれ、左側には土砂流失防止のための土嚢が積まれています。

元々は、国王巡拝に使用するため、2.7m程の幅広な琉球石灰岩を使用した階段だったそうですが、太平洋戦争中に陣地として使用したことや土砂崩れによる被害を受けて当時とは様相が異なっているそうです。

3

4

進んでいくと、参道の琉球石灰岩の石畳の両側にも土嚢が置かれるようになります。普通に考えると、土嚢がない時代は、雨が降ると、石畳の参道の両側は水ミチとなって、大量の土砂が流れたと思います。

5

土嚢がない場所は、石畳の両側は下のように、土の道になり、ところどころ雨水で掘れてきます。

6

また、石畳に降った雨水が両側の低いところに流れ、水ミチとなり、下方に向って流れます。

7

よって、坂道を下る雨水をコントロールするための集水枡が要所要所に造られています。琉球王国時代にも石畳の参道の下をくぐりぬける排水溝が存在したとパンフレットに書かれていますので、集水枡を結ぶ雨水管の役割をした排水溝が参道に沿って、または横断するように石畳の下に造られていたと思われます。

8

9

集水枡の周りは、ジャーガルもしくは島尻マージといった現地土を使用した土舗装がされています。どちらも粘土質に富む粒子が細かい風化土なので、土舗装に使用するには一工夫が必要です。

10

下の写真は三庫理(サングーイ)入口です。

11

下の写真は、三庫理(サングーイ)前の排水溝です。参拝をされる方が泥濘で足を取られないように石畳の下を排水溝が通してあります。

12

琉球王国時代にも発掘調査で、下のような三庫理(サングーイ)前の排水溝が見つかっており、当時から安全にお参りができるよう工夫されていたことがわかります。

13

出典:沖縄市県南城市発行斎場御嶽パンフレットより

三角形の突き当たりが三庫理(サングーイ)です。三角形の空間を抜けると、ここから「神の島」と呼ばれる久高島を見ることができます。神秘的てす。

14

15

3_2

◆ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 
http://www.geosupply.jp/

広島(082299-0681  神戸(078843-2561  名古屋(052766-6419 福岡(092518-3537まで。

« 首里城復元工事 | トップページ | 名古屋城天守閣入場禁止と土舗装 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542139/73301918

この記事へのトラックバック一覧です: 斎場御嶽と参道:

« 首里城復元工事 | トップページ | 名古屋城天守閣入場禁止と土舗装 »