« 五代友厚のお墓と墓園の土舗装 | トップページ | 斎場御嶽と参道 »

2018年4月12日 (木)

首里城復元工事

久々の首里城でした。今回は、どうしても見たいものがあり、そのために行ってきました。

1

首里城へは弁財天堂側からから向いました。下の写真が弁財天堂ですが、外国からの観光客が多かったです。

2

下の写真の城郭石積みは、「布積み」と言われる石積みの方法で造られています。沖縄のグスクは、日本のお城より200年以上前から築かれてきたと言われています。

3

そして、沖縄の城郭石積みに特徴的なのが「角がしら」です。天に向かっている石積みは本土にはありませんね。

Photo

下の写真は、かつては通用門として女性が使用していた久慶門です。

Photo_2

下の守礼門をくぐって、歓会門へ向います。

Photo_3

通路の石畳も、城壁同様にほとんどが琉球石灰岩です。首里城がなぜ琉球石灰岩が多いかというと、数十万年前に海底から隆起した泥岩の上に琉球石灰岩が乗ったところに首里城があるからですね。そして、琉球石灰岩は加工が容易だったことが多用される理由の1つです。

Photo_4

そして、下の歓会門をくぐり、

7

瑞泉門を抜け、

Photo_5

漏刻門を抜けると、

Photo_6

奉神門にたどり着けます。

Photo_7

そして、ここから中に入ると、首里城正殿を見ることができます。御庭には、敷き瓦といって、タイル状のものが敷かれています。「クチャ」という粘土質の土で、鉄分の多い泥を素焼きにした赤瓦がありますが、同じものでしょうか?ご存知の人はおられませんか?

Photo_8

実は、今回の訪問目的は、首里城正殿ではなく、正殿裏の御内原美福門周辺工事の完成を見ることでした。係りの人の説明では、本来は28年度工事で完成してるはずの工事が遅れていて、公開が遅れているとのことでした。今は完成し、公開されているので、今度こそしっかり見てきたいと思っています。

Photo_9

◆ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/

広島(082299-0681  神戸(078843-2561  名古屋(052766-6419 福岡(092518-3537まで。

« 五代友厚のお墓と墓園の土舗装 | トップページ | 斎場御嶽と参道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542139/73283094

この記事へのトラックバック一覧です: 首里城復元工事:

« 五代友厚のお墓と墓園の土舗装 | トップページ | 斎場御嶽と参道 »